一般的な賃貸物件に入居することのデメリット

一般的な賃貸物件は特筆するところがない

一般的な賃貸物件を選んでしまうデメリットは良くも悪くも無難なものばかりだということです。何か特筆すべき点があるかというと、探してみても何も見つからない場合がほとんどです。価値が高い物件が見つかると、そのポイントを決定打として入居を決められる場合もよくあります。何か一つでも目立つ魅力がないと決め難いと思ってしまうでしょう。住み始めてからも何が良い物件なのかがわからず、本当に優良物件を選べたのかどうかと不安になりがちです。一般的な賃貸物件は似通ったものが多いので、どれでも同じようなものだと思って決めてしまう傾向もあります。そのため、一般的な賃貸物件ではあまり満足する結果が得られない場合が多いのがデメリットです。

相場がピンからキリまである

一般的な賃貸物件のデメリットとして相場が読みづらいことも挙げられます。一般的なら相場も安定しているのではないかと思うかもしれませんが、似通った物件同士の間でも少しくらい差が出るようにとオーナーが工夫をしています。そのため、同じように見えても家賃がかなり高く設定されていることもあるのです。詳細に見てみると価値が付加されているのがわかり、相場から外れていても文句ない物件だと気付く場合もあるでしょう。しかし、同じように見える近くの物件がこのくらいの家賃だからという理由で、高めの家賃を付けているあまり価値のない物件もあります。このような価値判断がかなり難しく、相場がピンからキリまであるのが一般的な賃貸物件のデメリットです。