デザイナーズ物件に入居することのデメリット

家賃がとにかく高いのが問題

デザイナーズ物件に入居を考えているときには家賃の高さがデメリットになることをよく考えておきましょう。デザイナーズ物件は有名デザイナーが手掛けていたり、ハウスメーカーが総力をかけてデザインしたりしているため、付加価値がかなり高い賃貸物件になっています。同じような間取りと築年数の物件に比べて家賃が何万円も高いことすらあり、生活費を圧迫してしまうことになりかねません。デザイナーズ物件にも様々な種類があるので家賃の幅も広いですが、比較的安いものでも同等の一般的な賃貸物件より割高です。家賃が高いだけでなく、礼金や敷金まで高く設定されているデザイナーズ物件も多いので、初期費用にも気を付けなければなりません。

センスに合わないこともある

デザイナーズ物件はセンスに合う物件が見つかりにくく、良さそうだと思って選んだ物件でも住み始めてからセンスに合わないのに気付くケースが多いのがデメリットです。その物件を手掛けたデザイナーのセンスで仕上げられているので、見た目でまず自分には合わないと思うこともよくあります。また、見た目の美しさだけに力を注いでいて、住みやすさについてはあまり考慮していないケースもあります。両方にバランスよく注意を払ってデザインされているデザイナーズ物件となると家賃が高額になりがちです。暮らし方にもセンスがあるので、見た目も住みやすさも自分にぴったり合う物件に巡り会える可能性があまり高くないのがデザイナーズ物件の悩ましい部分です。

札幌北区の賃貸物件は、保証人が不要の物件や家具付きの物件などさまざまあり、希望のお部屋が見つけやすいです。